ネットでお金を借りる

お金を借りるというイメージについて

 

私は、お金を何度か借りたことがあります。お金を借りるというイメージについて、悪いイメージはありません。
なぜなら、お金がないということは、ピンチだということであり、お金を借りることによって、そのピンチを助けてもらうことになるからです。
お金がないというのは、本当にピンチです。ですが、私にとっては、お金を借りるということは、そのピンチから脱出できる数少ないチャンスなのです。
ですので、困ったときは、借りるしかありません。
ですので、悪いイメージはもっていません。むしろ、ばんばんお金を借りていいんじゃないだろうか、という感じです。
私は、借りるのは平気です。
お金を借りることについて悪いイメージを持っていないので、兵器で借りれます。

 

クレジットカードでもお金は借りられます

 

お金を借りるというイメージについては、キャッシングや、ローンなどがありえます。
クレジットカードで借りることができるのです。
私は、わたしが借りたときは、そこで借りました。
クレジットカードを持っていたので、そこからキャッシングしたのです。
キャッシングしたのは、合計10万円。
大金です。それを借りましたが、イメージとしては悪くありません。
返済のめどさえついていれば、キャッシングで借りるのは、悪いことでもなんでもありません。
むしろ、ピンチを救ってもらえる前向きなポジティブなできごとですらあります。
どんどんお金を借りましょう。金利なんてたいしたことじゃありません。
むしろ、なぜ借りないのかが不思議です。
私は何度もお金を借りています。

 

何度もお金を借りたことがあります

 

私自身、何度もお金を借りたことがあります。ですので、借金自体に、悪いイメージはありません。
むしろ、今も借りています。借りている額は50000円で、借りているのは父親にです。
3月の社会保険料が払えなくて、お金をかりました。ついでに、医療費も借りました。それから、診断書代も借りました。
合計で、27111円と10000円と10000円で、合計50000円。立派な借金です。
私はこのまま、返せるのかは不安ですが、とりあえず父親なので、なんとかなるでしょう。
もう忘れているかもしれませんし。
父は、いい年して25万も給料があるのですが、それを全額、何に使っているのでしょうか?普通は10万ぐらいあまるはずなのですが、ぜんぜんあまっていません。借金は、返します。
お金を借りることは、悪いことではありません。

 

私がお金を借りた時

 

私は、お金に関しては、割合にきっちりしている方で、学生時代の少額のお金のやり取りを別にすれば、他人からお金を借りるということは、全くありませんでした。
そんな私が、借金をするはめになったことが一度だけあるのです。
ただし、厳密にいうと、自分のために借りたのではなく、妹のために借りたというのが、真相です。
 その時妹が事情があって、数日以内に300万円ほどの現金がどうしても必要ということで、私い泣きついて来たのです。
私の貯金をはたいても、まだ70万円ほど、足りず、借金をせざるを得ないことになりました。
 クレジットカードのキャッシング機能を利用してもまだ足りず、キャッシングのできるローン会社に申し込んで、ローンカードを作り、残りの金額を手当したのでした。
 私が、大きな金額を借金したのは、その時だけです。その後、妹も3ヶ月ほどして、私に全額返してくれて一件落着しました。

 

お金を借りるときはどんなとき?

 

お金を借りたいと思ったことはありますか?一部の富裕層を除いて、誰もが人生に一度は思ったことはあると思います。
お金は集まるといいますが、あるところにはあるのに、ないところにはない。
なかなか思うように自分のところに集まってくれないのが現状です。
お金がないのに、必要になってしまった場合・・・例えば、人生の節目、結婚や出産をするから必要になる人もいます。
お仕事が上手くいかなくなって、辞めてしまって生活のためにお金が必要な人もいます。
もしかしたら、病気になってしまいお金が必要な人がいるかもしれません。
でも、知り合いに借りるお願いをすると、手元のお金は増えるけど、信用は減ってしまう。そう考えると、なかなかお金を借りるってことは難しいことです。
お金は天下の回りものっていいますが、回り回って私の所に帰ってくれるよう、居心地のよい財布にしておかないとお金は溜まっていかないのかもしれません。