キャッシングの遅延損害金について

キャッシングをお金を借りた時にはしっかりした返済計画と立てたうえで、その返済計画に従って返済するということが前提となります。

しかし、何らかの理由で返済が不可能になってしまうことがないではありません。

返 済が滞ってしまうと、遅延損害金が請求されてしまうことになります。

遅延損害金にかかる金利はそれぞれの金融会社によって差はありますが、改正貸金業法に よって最大でも年率20%となっているのでそれ以下ということになりますが、かなりの割合の金融会社では20%に近い金利を設定しています。

ただし、金融会社によっては返済が遅延してしまうことを事前に連絡すれば、返済日を変更してくれる会社もあり、その場合には返済日までは遅延損害金はかからないことになります。

それよりも注意すべきなのは遅延が数か月に及ぶと延滞となり、個人信用情報の事故情報に記載されてしまうことになり、それ以降に大きな不利益を負う可能性があることです。

バーゲンと旅行でお金を借りたくなります

お金を借りたいと、思う事はよくありますが、特に多いのが季節ごとのバーゲンで、安く欲しい物が手に入るとなれば、キャッシングなどで、お金を借りてでも、買い物をしたいと考えてしまいます。

 

私の場合は、実際にキャッシングで、お金を借りて買い物する場合もあります。

 

さすがに、しょっちゅうは借りないように、自分でブレーキをかけるようにしていますが、バーゲンなどは、アドレナリンが出るのか、毎年キャッシングを利用していると思います。

 

買い物の他には、お金を借りる事はあまりありませんが、旅行に行くような時も、少し借りる場合もあります。

 

旅行時は、意外と現金が必要になる事が多く、キャッシングカードを持っていると、いつでもお金を引き出せるので、便利ですね。

 

地方のタクシーに乗る場合など、クレジットカードが利用できな場合も多いので、キャッシングであらかじめお金を用意しておくと便利です。

 

ほか地方のレストランなども、有名店でもクレジットカードが利用できない場合が多いので、そんな時にもキャッシングを利用しています。

 

バーゲンや、旅行では、キャッシングを多めに使う事が多いので、後々返済が苦しくならない程度で利用するようにした方がいいですね。

 

お金に困るのは、急な場合が多いので、キャッシングカードは、必要がないと思っていても、一枚くらいは契約しておいた方がいいと思います。

 

今のところトラブルもなく利用していますが、返済計画は大切なので、自分の返済できる範囲で、利用するようにした方がいいですね。

金融機関からお金を借りて自己破産した友達、私は借りたくない

金融機関から生活費のためにお金を借りていた友達は、いつのまにか借金が300万円になっていました。

 

そして、年収2000万円あった職業も失い、市民税が翌年重くのしかかってきます。

 

更に、離婚したため、元奥さんに慰謝料として300万円支払わなければならなくなりました。

 

そこで、保険を解約して、生活費に当てましたが、300万円の返済にはなかなか届きません。

 

うつ病なので、転職する気力もありません。

 

結局、家でゴロゴロしているうちに、どんどん貯金も減っていきます。

 

そこで、弁護士を頼んで、金融機関から借りたお金を自己破産して、支払いしなくてもよいようにしました。

 

でも、クレジットカード等は使えなくなりました。
私は、銀行からでも、お金は借りたくないな、と思っています。

 

でも、最近は、気楽にお金を貸してくれる銀行が多く、インターネットをやっていると、そういう広告が目につきます。
ちょっと困ったときには、使ってもいいかな、という気になってきます。

 

例えばSBI信用銀行などは200万円までは収入の照明が無くても借りられ、初めての借入だと2か月間、無利子だとか。
そういう条件だと、ちょっと借りたくなります。

 

でも、出来るだけ節約して、人からお金を借りなくても生活していけるように、自分の人生設計を立て直す方が先だと思います。

 

例えば、家を買う時や車を買う時には、ローンも仕方ないかと思いますが、車ぐらいなら、ローンを組まずに現金で買える車で十分だと思います。

お金を借りるときはどんなとき?

お金を借りたいと思ったことはありますか?一部の富裕層を除いて、誰もが人生に一度は思ったことはあると思います。

お金は集まるといいますが、あるところにはあるのに、ないところにはない。

なかなか思うように自分のところに集まってくれないのが現状です。

お金がないのに、必要になってしまった場合・・・例えば、人生の節目、結婚や出産をするから必要になる人もいます。

お仕事が上手くいかなくなって、辞めてしまって生活のためにお金が必要な人もいます。

もしかしたら、病気になってしまいお金が必要な人がいるかもしれません。

でも、知り合いに借りるお願いをすると、手元のお金は増えるけど、信用は減ってしまう。

そう考えると、なかなかお金を借りるってことは難しいことです。

お金は天下の回りものっていいますが、回り回って私の所に帰ってくれるよう、居心地のよい財布にしておかないとお金は溜まっていかないのかもしれません。

私がお金を借りた時

私は、お金に関しては、割合にきっちりしている方で、学生時代の少額のお金のやり取りを別にすれば、他人からお金を借りるということは、全くありませんでした。

そんな私が、借金をするはめになったことが一度だけあるのです。

ただし、厳密にいうと、自分のために借りたのではなく、妹のために借りたというのが、真相です。

その時妹が事情があって、数日以内に300万円ほどの現金がどうしても必要ということで、私い泣きついて来たのです。

私の貯金をはたいても、まだ70万円ほど、足りず、借金をせざるを得ないことになりました。

クレジットカードのキャッシング機能を利用してもまだ足りず、キャッシングのできるローン会社に申し込んで、ローンカードを作り、残りの金額を手当したのでした。

私が、大きな金額を借金したのは、その時だけです。

その後、妹も3ヶ月ほどして、私に全額返してくれて一件落着しました。

何度もお金を借りたことがあります

私自身、何度もお金を借りたことがあります。

ですので、借金自体に、悪いイメージはありません。

むしろ、今も借りています。借りている額は50000円で、借りているのは父親にです。

3月の社会保険料が払えなくて、お金をかりました。

ついでに、医療費も借りました。

それから、診断書代も借りました。

合計で、27111円と10000円と10000円で、合計50000円。立派な借金です。

私はこのまま、返せるのかは不安ですが、とりあえず父親なので、なんとかなるでしょう。

もう忘れているかもしれませんし。

父は、いい年して25万も給料があるのですが、それを全額、何に使っているのでしょうか?普通は10万ぐらいあまるはずなのですが、ぜんぜんあまっていません。

借金は、返します。お金を借りることは、悪いことではありません。

お金を借りるというイメージについて

お金を借りるというイメージについては、キャッシングや、ローンなどがありえます。

クレジットカードで借りることができるのです。

私は、わたしが借りたときは、そこで借りました。

クレジットカードを持っていたので、そこからキャッシングしたのです。

キャッシングしたのは、合計10万円。

大金です。それを借りましたが、イメージとしては悪くありません。

返済のめどさえついていれば、キャッシングで借りるのは、悪いことでもなんでもありません。

むしろ、ピンチを救ってもらえる前向きなポジティブなできごとですらあります。

どんどんお金を借りましょう。

金利なんてたいしたことじゃありません。

むしろ、なぜ借りないのかが不思議です。

私は何度もお金を借りています。

クレジットカードでもお金は借りられます

私は、お金を何度か借りたことがあります。

キャッシングというイメージについて、悪いイメージはありません。

なぜなら、お金がないということは、ピンチだということであり、お金を借りることによって、そのピンチを助けてもらうことになるからです。

お金がないというのは、本当にピンチです。

ですが、私にとっては、お金を借りるということは、そのピンチから脱出できる数少ないチャンスなのです。

ですので、困ったときは、借りるしかありません。

ですので、悪いイメージはもっていません。

むしろ、ばんばんお金を借りていいんじゃないだろうか、という感じです。私は、借りるのは平気です。

お金を借りることについて悪いイメージを持っていないので、兵器で借りれます。