金融機関からお金を借りて自己破産した友達、私は借りたくない

金融機関から生活費のためにお金を借りていた友達は、いつのまにか借金が300万円になっていました。

 

そして、年収2000万円あった職業も失い、市民税が翌年重くのしかかってきます。

 

更に、離婚したため、元奥さんに慰謝料として300万円支払わなければならなくなりました。

 

そこで、保険を解約して、生活費に当てましたが、300万円の返済にはなかなか届きません。

 

うつ病なので、転職する気力もありません。

 

結局、家でゴロゴロしているうちに、どんどん貯金も減っていきます。

 

そこで、弁護士を頼んで、金融機関から借りたお金を自己破産して、支払いしなくてもよいようにしました。

 

でも、クレジットカード等は使えなくなりました。
私は、銀行からでも、お金は借りたくないな、と思っています。

 

でも、最近は、気楽にお金を貸してくれる銀行が多く、インターネットをやっていると、そういう広告が目につきます。
ちょっと困ったときには、使ってもいいかな、という気になってきます。

 

例えばSBI信用銀行などは200万円までは収入の照明が無くても借りられ、初めての借入だと2か月間、無利子だとか。
そういう条件だと、ちょっと借りたくなります。

 

でも、出来るだけ節約して、人からお金を借りなくても生活していけるように、自分の人生設計を立て直す方が先だと思います。

 

例えば、家を買う時や車を買う時には、ローンも仕方ないかと思いますが、車ぐらいなら、ローンを組まずに現金で買える車で十分だと思います。