キャッシングの遅延損害金について

キャッシングをお金を借りた時にはしっかりした返済計画と立てたうえで、その返済計画に従って返済するということが前提となります。

しかし、何らかの理由で返済が不可能になってしまうことがないではありません。

返 済が滞ってしまうと、遅延損害金が請求されてしまうことになります。

遅延損害金にかかる金利はそれぞれの金融会社によって差はありますが、改正貸金業法に よって最大でも年率20%となっているのでそれ以下ということになりますが、かなりの割合の金融会社では20%に近い金利を設定しています。

ただし、金融会社によっては返済が遅延してしまうことを事前に連絡すれば、返済日を変更してくれる会社もあり、その場合には返済日までは遅延損害金はかからないことになります。

それよりも注意すべきなのは遅延が数か月に及ぶと延滞となり、個人信用情報の事故情報に記載されてしまうことになり、それ以降に大きな不利益を負う可能性があることです。